2012年8月13日

BMX FLATLAND TEAM430「RUN」発売

RUNposter01.jpg

430から待望の、NEW DVD 『RUN』がリリースされました。
12人の最高のライティングが収録されています。

また、初回パッケージは、限定1000枚に430オリジナルフィンガーBMXがついて来ます。

全国の430ディーラーで絶賛発売中!!

2012年8月 6日

G-SHOCK REAL TOUGHNESS 2012 4TH ROUND @SENDAI

G-SHOCK REAL TOUGHNESSも

後半戦4TH ROUND SENDAIが超盛り上がりを見せました。


仙台は丁度七夕祭りと同時期となり、街全体の雰囲気も盛り上がり調子。
sendai3.JPG

面白いステージとなりました。


sendai.JPG

いつもNEWERAくじ引きなのですが今回も面白い組み合わせ。

ガチです。

リアルガチデス


今回の仙台は本当に灼熱で、僕自身の体力ゲージも初戦の

ツトムvsNAOの戦いでほぼエンプティ。。

なんとかREDBULL注入で乗り切りました。

が、写真を全く撮っていない事に。。

ポイントとしては、

NAO動きは切れていたがツトムに惜しくも及ばず。。

田中絶好調。

まあくん仙台の観客味方もモリチ一枚上手。

KINGとウッチー初戦でこの日一番のマッチ。

準決勝
ツトム強さ見せギリギリ勝ち残り。

内野の圧倒的な強さ。


という形で決勝に。


決勝もかなり盛り上がり

sendai2.JPG

内野が見事タイトルを奪取しました。


いや〜。仙台は盛り上がった。


この勢いを元に福岡へ。

仙台の皆さん、INGさんありがとうございました。


ではでは


NOB

2012年7月23日

G-SHOCK REAL TOUGHNESS 2012 3RD ROUND @OSAKA

G-SHOCK REAL TOUGHNESS 3RD ROUND OSAKA

気温は悠に30℃を超え3週連続開催も相まって、

正に夏の天王山となった

G-SHOCK REAL TOUGHNESS 3RD ROUND OSAKA(以後GRT)

全5戦転戦の中間折り返し地点、

ここまで2連続優勝のKING森崎がこの勢いに乗るのか。

展開として面白い大阪となった。

毎度予選のフォーマットを変えて来ているGRT。

今回は出場選手が9人、予選を3人3グループに分け、

1位の選手がそのままトーナメント準決勝に出場、

つまりひとつ準決勝の枠が残る訳だが、

予選各グループの2位の選手が3人集まり予選2回戦を開催。


その勝者が残り一枠に入るという算段。

お分かりでしょうか?


そんなトライアングルバトルなGRT OSAKAの予選のグループも面白い組み合わせ。


今回もちゃんとCAPくじ引きです。
GRT1.JPG
こんな事があるんです。

予選Aグループ KING、ロシアの因縁の対決にフミヤどこまで入るか

KING森崎弘也(2連続チャンピオンが一発目に登場、やはりこの男が最強なのか)
笹川フミヤ  (地元フミヤは公開練習時好調、進めば大阪は盛り上がる)
木場慎一ロシア (過去2戦ともKINGの壁にブチ当たり沈没、リベンジなるか)

やはりGRTはKINGの大会なのか一発目のルーティンから全力のKING。
フミヤはウィップラッシュからフロントの早いつなぎをしっかりと見せる。
ロシアはこの路面を得意としているのかミスも少なくポイントを稼ぐ。

中盤KINGは詰めの甘さが目立ち、逆にロシアは集中を見せる。
自分を見せるフミヤのスタイルは魅力的。
DSC_0253.jpg
最後までロシアの好調は変わらず、
ロシアがKINGを差し置いて1位通過。
予選2回戦にはKINGが進出となった。


予選Bグループ 前回札幌と同じまさかの組み合わせ池袋対決

北山努  (スキルは十分、しかしあと一歩及ばないのはタフネスが足りないのか)
田中光太郎 (前回札幌では会場一番の盛り上がりを見せたスターの今回は)
荒井幸太郎 (会場の広さに悩んだ札幌、大阪で2人の先輩に意地を見せたい所)

札幌に続きの池袋対決となったBグループ。
この組み合わせを2度連続で引く確率はどれくらいなのだろうか。

ツトムはこの路面にスタイルがフィットしており長いルーティンを高完成度で決める。
今日は勝てる。
田中光太郎は相変わらず派手に攻め会場を盛り上げるスターっぷり。
荒井幸太郎は会場の広さに慣れたか面白いように繋がりそして決めると会場は湧く。
DSC_0306.jpg
1位ツトム、2位荒井と札幌とは真逆の展開となる。


予選Cグループ 地元関西出身ホームの利をどこまで見方に付けれるか

田中イッコウ (イッコウには不利に感じられる会場だが練習を見ると問題はなさそう)
森永智和   (徐々に調子を上げるモリチだがこのサーフェイスを克服出来るのか)
内野洋平   (前回札幌ではKINGに惜しくも破れるがオッズは1.1と優勝候補間違い無し)

地元ホームで開催という事で多くの関西ライダーに迎えられたCグループ。
それぞれが同じ条件でどこまで戦えるか。
イッコウはリスキーなスタイル故決まるかどうか。
DSC_0375.jpg
モリチはカブースサイドの1周バリアルフリップが好調。
内野は余裕の表情でSUPERハードなトリックをきっちり決める。総合的に強い。

下馬評通り内野が準決勝へ、モリチが2回戦へと進む。

予選の流れそのままに始まった2回戦。
KING,荒井,モリチの対戦となる。
KINGがここに来て一気に調子を上げ、途中の段階でKINGの勝ち抜けが決まったかと思われる。
が、モリチ、荒井も後半いいルーティンを決め分からない展開。しかし最後はきっちりKINGが裁きを。


トーナメント準決勝は

KING vs ロシア

ツトム vs ウッチー

というどちらも因縁の対決に。

会場は大阪駅に直結した商業施設を接続するいわゆる橋の上。

全天候型の屋根も配備されイベントを行うにうってつけ。

この日も多くの買い物客を含むオーディエンスに囲まれた状態。

時空の広場とGRTにはうってつけの名前の会場で、

この後の決勝トーナメントどのようなドラマが。


KING vs ロシア

一度はKINGの壁を突破したロシアに再びKINGが立ちはだかる。

GRTは運も必要不可欠な要素。

しかしバトルが始まれば実力がモノを言う。

途中KINGが強烈なルーティンを決め勝負あったかに思われたがロシア最後まで諦めず。

ラスト2秒でロシアにターンが、超ロングなコンボをがっつり決めロシア、KINGを克服する。

KING3連覇ならず。


ツトム vs ウッチー

コンビ、ライバル対決。

記憶に残るこの2人の対決は遡りワールドクラシック初戦へ。

内野のコンボの質は間違いなく世界最高の難易度プラス芸術性。

ツトムの独特で美しい流れはこのまま成長すれば間違いなくフロントの頂点となりうるスタイル。

この2極のぶつかりは矛盾つまり盾と矛。

まともにぶつかればそれは凡人には判断出来ない。

しかしぶつかれば物理的に結果が出る。


代々木に続き今回も北山が勝利をもぎ取る。
DSC_0132.jpg
ポイントはツトムのルーティンの長さか。

名古屋、札幌と経たこの大阪は今までになくタフな戦いに。
DSC_0697.jpg
決勝時気温も高く、3週の連続という事もあり二人とも疲労が見える。

ツトムは前半2本連続メイクし勝利をぐぐっと引き寄せる、

ロシアは本調子のルーティンに一つ足りない状態。

もう一本決めればツトムの勝利が確定という流れでツトムにミスが続く。

まだ分からない状態のラスト20秒からロシアが怒濤の技を展開、
DSC_0765.jpg
ラストのブザーが鳴り終えた後も続け計約40秒い渡るコンボをガッツリ決める。

会場はラストらしい素晴らしい盛り上がり。

ツトムは最後もう1本乗りたかった様子。

しかしGRTは時間をコンセプトとしておりここで終了。

正直どっちか分からない。

大阪駅時空の広場でその名の通りラストの時間を制したロシアが見事に優勝。
DSC_0792.jpg
タイトルを得た。

大人しく見えるロシアだが秘める闘志は本物。

名古屋、札幌で味わった悔しさを見事に晴らした戦いっぷり。

本当におめでとう。

お見事でした。

次回は少し間を空けての仙台。

これまた面白そうですな。

ちなみに2ND ROUND SAPPOROの様子がアップされておりますよ。

ではでは。


THANKS FOR PHOTO BY TMBS NARI

NOB

2012年7月 9日

G-SHOCK REAL TOUGHNESS 2012 2ND ROUND @SAPPORO

1ST ROUND NAGOYAから1週間。

場所を日本の中心名古屋からアジア最北端の大都市札幌に。

この時期の札幌は現地タクシーの運転手さんも

「最高な季節」と太鼓判を押す過ごし易さ満開なイベントシーズン。


7/7の札幌もこれに漏れず最高の天気となりました。


それでは本題。

この2ND ROUND SAPPOROから内野、北山、田中と430メンバーが参戦。

1ST ROUND NAGOYAのチャンピオン森崎弘也と

昨年の大阪、六本木の覇者内野洋平をシードとして配置し、

2ND ROUNDの予選はトライアングルバトルとなりました。


予選Aグループ
石田真也、木場慎一、森永智和

今回の札幌は盛り上がりました。

そのきっかけを作ったのがこの男、地元札幌からの参戦石田真也。
DSC02751.JPG
公開練習時間等は調子が悪く見え、またおにぎりを米一粒づつ食べる等、

明らかに緊張している面持ちでした。

が、

くじ引きにより予選Aグループの1発目に登場と

決まった辺りから気合いが感じられるようになり、

本番ではのっけからフルスロットルでホーム状態の会場に火をつけてくれました。

かっこよかったです。

神戸から参戦ロシアもこの日は調子が良く、
DSC02753.JPG
安定したコンビネーションで強さを誇示。

大阪のモリチはいつもハイリスクな戦い方。
DSC02752.JPG
決まればモリチで間違い無し。

地元VS関西勢の予選Aグループはロシアが勝ち抜け、

決勝でシードのKINGと対戦する事となった。


毎回カードはくじ引きにて決定するのですが、

今回程気持ち良く組み合わせが決まった事はないのでは?
DSC02686.JPG
と思わせる予選Bグループの面々。


田中光太郎、北山努、荒井幸太郎と東京は池袋の直系がずらり。

こんなカードの戦い見た事無い。

し、これからも当分無い。

のではと。

この男の現れる所曇り空無しの田中光太郎は今回も健在。
DSC02755.JPG
やはり知名度の高い田中。

登場のみで既に盛り上がりまくっておりました。

ライディングもキレキレで先輩の威厳を見せつけておりました。


優勝候補の一角である北山努
DSC02757.JPG

の独創性はBMXを知らない人からも「カッコいい」と感じられる様で、

ツトムのメイクに対する観客の願望を感じる反応でした。


そのツトムの更に後輩となる荒井幸太郎のウィップラッシュのインパクトも面白く、
DSC02759.JPG
決めれば2人の先輩を、という戦いでした。


ジャッジからの結果もなかなか来ず、

難しいジャッジとなった予選Bグループでした。

勝ち上がったのは田中光太郎。

準決勝第二試合で内野洋平と対戦する事となりました。

この日すぐ近くの会場でREDBULLのイベントも行われており、
DSC02730.JPG
空には283(ツバサ)の飛行機雲。

駅前という立地に加え隣はサッポロビアガーデン。

週末の快晴を楽しむ地元の方々で賑わいを見せました。


準決勝からは日本の竜と馬の最強戦力Wチャンピオン二人の登場。

やはり世界王者の格は本物でそれが会場にも伝わっておりました。


準決勝第一試合
ロシアvsKING森崎。

ロシアのゆっくりと且つ色気のあるスイッチはテンポも気持ちよく、

後に話したダンサーの一人にロシアのスタイルが一番好きだと言わせる格好良さ。

コンボを重ねKINGに戦いを挑む。

しかしKINGはKING。

1発1発が強烈すぎて正直エグイほどに。。
DSC02756.JPG
先週名古屋に続き調子を保つ森崎が決勝進出となりました。


準決勝第二試合
田中vs内野 コンビ対決。

後輩達を抑え準決勝に上がって来た田中を待ち受けるのは

いつもコンビを組んでパフォーマンスをする

これまた田中の教え子、現世界チャンピオンの内野洋平。
DSC02754.JPG
この日内野は別会場のREDBULLのイベントにも出演しており、

既にあったまっている状態で登場。

田中の好調を更に上回る絶好調の動きを見せる。

内野の動きの独創性は完全に地球上最高であり、また完成度も信じられない程高く、

且つ攻める姿勢は完全にリアルにタフネスで、

この内野がエースであると感じさせられる戦いでした。

KINGとの対戦はウッチーとなりました。


準決勝からそのまま決勝となり二人の体力も残りわずかな状態。

特にこの日REDBULLからの長丁場であるウッチーの体力が気になる所。

2連覇を狙うKING、

1ST ROUNDを不在とし登場一発目で優勝を手にしたいウッチー。

両者一歩も引かずの決勝らしい戦い。

両者ぶつけ合いのにらみ合いでのラスト5秒でKINGのターン。

ここがチャンスだとKINGは勝負に出る。

テールウィップからの超ハードコンボをこのラストのターンで決め、

会場は完全に盛り上がりきりました。

結果、
DSC02744.JPG
2連覇のKINGを皆で囲む事となりました。

さすがのKING。
DSC02740.JPG
腕には1ST,2ND両方のチャンピオンG-SHOCKが。

来週のREAL TOUGHNESS 3RD ROUND OSAKA

KINGの勢いを誰か止めれるのか。

それとも関西勢が活躍となるのか。


非常に楽しみです。


DJ NAOYA君ありがとう。
NAOYA.JPG

札幌最高すぎます!


皆さんありがとうございます。

2011年11月18日

G-SHOCK PRESENTS " REAL TOUGHNESS TOKYO "BMX FLAT

あのときの感動が伝わればと思います!
関係者の皆様、お疲れでした。


DECADE SHOP
http://www.decadeshop.com/


2011年11月 6日

G-SHOCK PRESENTS " REAL TOUGHNESS TOKYO "

UCHI.jpg

KOTSUTOMU.jpg

G-SHOCK PRESENTS " REAL TOUGHNESS TOKYO "が近づいてきました。
ムービーティザーも出来てるみたいなので皆も要チェックで!

2011年11月12日は、六本木ヒルズに集合!


GSHOCK PRESENTS " REAL TOUGHNESS TOKYO "
http://g-shock.jp/stw/realtoughness/realtoughness02/

1